top of page

コースタルローイングの魅力を語りたい。

更新日:2022年9月30日

私は昔から海が好きでした。

セーリングをはじめ、今まで様々な種類のマリンスポーツを楽しんできました。



私が香港に住んでいた時、川でローイングの練習をしている人を見かけたことがあります。

そのボートは水上をとても速いスピードで漕ぎ進めており、

私はそれを見て、とてもかっこいいスポーツで、きっといい運動になるに違いないと思いました。



香港の漕艇は、そのほとんどが大学の部活にすぎません。

社会人になり、このスポーツをやってみたいと思っても、挑戦する機会はなかなかありませんでした。


そして数年前、私はレジャーセーリングやヨットレースを楽しむために、ロイヤル香港ヨットカブに入会しました。

また、そのクラブにはコースタルローイングクラスもあると知り、私は初級コースに参加しました。

何度かレッスンを受けた後、私は一人で手漕ぎボートを漕ぐことができるようになりました。

海岸沿いのボートクラブに、一人で気軽に漕ぎに行くことができるようになりました。


また、LINEchには、共通の趣味を持つ仲間が作ったいくつかのグループがあり、私はそのグループに参加しました。

それらのグループでは、皆が自由にイベントを企画して楽しんでいました。

例えば、小さな島へローイング旅行をしたり、ビーチでピクニックをしたり、香港周辺の多くの島の一つにある、シーフードレストランに行ったりなど、様々です。

参加すればとてもいい運動になり、そのイベントを通じて新しい友人もできます。

また、部活のような負担もなく、参加したいときに気軽に参加できることも、働いている私にとってはとても魅力的でした。



もし、このブログを読んでいるあなたがローイングを経験したことがなければ、ぜひコースタルローイングを実際に体験してほしいと思います。

その乗り心地は、公園内にあるレンタルボートとは全く異なります。

Sポート手漕ぎボートには、体の中で最も大きな筋肉である大腿筋を最大限に利用し、ボートを漕ぎ進めるためのスライドシートがあります。


カヤックやドラゴンボートなどの他のパドリングスポーツとは異なり、手漕ぎボートのオールは、ボートの両側にピボットを使用します。

ピボットは、てこの原理を使用して力の伝達をより効率的にします。


また、初めてボートに乗るときは、波が穏やかな朝を選びましょう。

それにより、水の上を滑る感覚を楽しむことができます。

その感覚は、本当に特別です。

自らの筋肉を使って、水上で心地よいスピードを生み出します。それはまるで、鷲になって空を悠々と滑空している様な気分です。

また、いつでも浜辺に立ち寄り、波の静けさとどこまでも続く海を満喫できます。



私は、個人的にガソリンのにおいやスピードボートのエンジン音があまり好きではないので、セーリングは適しています。

私は、水上でのスピード感とヨットの静けさが好きです。

しかし、風のない日にはコースタルローイングが最高です。


私は、3年ほど前に福岡に引っ越してきて、ウィンドサーフィンを始めました。

風が強いときはとても爽快な気分を味わうことができます。

しかし、風が弱かったり、全く風が吹いていないこともあります。

そんな時にローイングボートが届き、風の有無に関係なくボートを楽しむことができました。

どこにでも収納できるインフレータブルタイプなので、車に積み込んで、どこにでも持ち運びができます。

このボートで、海を最大限楽しめるようになりました。

皆さんもぜひ、体験してください。

閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page